アルゼンチン代表の紹介

サッカーアルゼンチン代表はアルゼンチンサッカー協会により組織されるアルゼンチンのサッカーのナショナルチーム。エル・モヌメンタルをホームスタジアムとしている。

FIFAワールドカップで優勝経験のある世界を代表する強い国の一つである。第1回大会の1930 FIFAワールドカップではウルグアイに2-4で敗れたが、自国開催の1978 FIFAワールドカップではオランダを3-1で破って初優勝した。メキシコで開催された1986 FIFAワールドカップでは西ドイツを3-2で下して2度目の優勝を果たしたが、イタリアで開催された1990 FIFAワールドカップでは西ドイツ代表に0-1で敗れた。1978年大会の優勝監督はセサル・ルイス・メノッティであり、1986年大会の優勝監督はカルロス・ビラルドである。

コパ・アメリカでは大きな成功を収めており、ウルグアイ(15回)に次ぐ14回の優勝を誇る。FIFAコンフェデレーションズカップではキング・ファハド・カップ(前身大会)時代の1992年に優勝し、夏季オリンピックではアテネオリンピックと北京オリンピックで2連覇を果たした[1]。国際サッカー連盟(FIFA)はFIFAワールドカップ、FIFAコンフェデレーションズカップ、夏季オリンピックを男子の3大タイトルとみなしているが、この3大会すべてで優勝経験があるのはアルゼンチンとフランスの2ヶ国だけである[2][3]。パンアメリカン競技大会では、1951年大会、1955年大会、1959年大会、1971年大会、1995年大会、2003年大会の6回優勝している。

主要大会の成績

FIFAワールドカップ

コパ・アメリア

出場回数  38回

最高成績  優勝14回(1921、1925、1927、1929、1937、1941、1945、1946、1947、1955、1957、1959、1991、1993)

他のアルゼンチン歴代成績が知りたい場合は こちら へどうぞ

アルゼンチン代表の歴代ユニフォームは一般的にホーム用は空色と白色の縦縞のシャツ、黒色パンツ、白色と黒色のソックスである。アウェイ用は大抵紺色のシャツだが、パンツとソックスの色は様々である。