昨年のブラジルW杯において、決勝まで進んだもののドイツに敗れ、準優勝に終わったアルゼンチン。

ただ、悔やんでばかりはいられず、今年は南米王者を決めるコパ・アメリカがチリで開催。アルゼンチンはウルグアイの15回に次ぐ14回の優勝を誇るが、実は1993年大会を最後に優勝しておらず、もちろんリオネル・メッシも獲得したことのないタイトルだ。

そんな「今回こそは!」と意気込む大会に向けたアルゼンチン代表の新ユニフォームが発表された。

アルゼンチン代表の2015-16モデルは、原点に立ち返ったようなシンプルなデザインが特徴。

あまり触れる点がなくて悔しいのだが、とにかく、このユニフォームで“セレステ・イ・ブランコ"は22年ぶりの南米制覇を目指す。

アルゼンチン代表の今回の新ユニフォームはこんなデザインで、大体デザインは変わらなくて、毎年ホームユニフォームの色や、デザインコンセプトも同じです。空色と白色の縦縞、シンブルなデザインです。違うところは袖のところは少し変わっています。時々、ほかの色のリブをつける。

とりあえず、アルゼンチン代表のユニフォームはずっと爽やかな感じをしています。もし、このユニフォームが気に入れたら、以下のリンクを押してください。

アルゼンチン代表 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖>>